ハードコンタクトの安全な外し方

コンタクトレンズにはハード、ソフトの2種類があります。それぞれどのような違いがあるかご存知でしょうか?ハードレンズはその名の通り硬く、ピントが合いやすいという特徴があります。小さいレンズのため目に酸素もいきわたらせやすく、目へかかる負担が少ないものです。一方でソフトレンズは柔らかく、広い面積で瞳を覆います。目の形にあわせて変形するため痛みを覚えにくいという特徴があります。

カラコンはこのソフトレンズの特徴を上手く活用して作られています。目を広い範囲で覆うことができるため、カラフルな色に見せることが可能です。また、目を大きく魅せることができるため、オシャレに向いているのがカラコンです。逆にハードレンズのカラコンはありません。黒目よりも面積が小さいため、カラコンの使用目的として適さないためです。そのため一般的に流通しているカラコンはソフトレンズのみとなっています。

視力が悪い方の中には、使いたいカラコンが自分の度数に対応していないために視力矯正用のレンズとカラコンを二重で着用したいと考える方もいるようですが、これは危険です。コンタクトを二重に着用することで酸素を吸収することができなくなってしまうのです。また、眼球を傷つける可能性もあります。コンタクトは1枚で正しく着用しましょう。